忍者ブログ

インタビュー22

10/12の更新についてー。

1/25以来約9か月ぶりの歴代武者インタビュー更新です。ホント遅くて毎回申し訳ない;
ネタ(テーマ)についてはかなり前に思いついてたんですけどね…
ゲスト選びで失敗したりとか。
女だけ(百合含む)で盛り上がりすぎて失敗したりとか。

いつにもまして司会はグダグダになりましたが、
その分ゲストは生き生きしていたかなーと。(笑)

それにしても、孫尚香が扱い易かったなぁ。
本編で劉備にばっちり惚れてるしね。
他二人はヤヤ捏造せざるを得なかった。;



でも彗蓮と艶麗も機動武者大戦でそれっぽいシーンあるんですがね。
つわけで誰からも求められてないけど本編の会話紹介。(蹴)
ネタばれなので、興味ある方は同意の上あぶり出しをお願いします。

■彗蓮と彗心(エンディングの会話の一部)
彗蓮 :千手姫様もお奇麗ですわ。…あ~ぁ、あたいも早くお嫁にいきたいな~…
千手姫:そんなにあせらなくとも彗蓮殿にも、きっと素敵な殿方が現れますよ。
 <彗心、急いで千手姫の前に出てくる>
彗心 :千手姫様、彗蓮に期待を持たせるようなことを言っちゃ可哀想ですよ。
千手姫:…あら? わらわはてっきり彗心殿が彗蓮殿のことをと…
 <あわててそっぽを向く彗心>
彗心 :ば…ばかなこと言っちゃ困りますよ千手姫様!? 誰がこんな男みたいな女!!
 <彗蓮、即座に彗心の前へ出て対峙する>
彗蓮 :彗心っ! 男みたいな女ですって?! よくも言ってくれたわね!!
 <ケンカする二人を見る彗仙>
彗仙 :う~ん…ケンカするほど仲がいいって言うけれど、本当みたいね…。

  (以下略)

■艶麗と斬鬼(第23章合戦開始前会話の一部)
斬鬼 :艶麗よ、どうしたのだ? 物思いにふけた顔をして。作戦開始はまだなのか。
艶麗 :わらわも女じゃ。たまには故郷、覇道国をなつかしむこともある。
斬鬼 :祖国のためにも我らがやらなければ…ん? お前、泣いているのか?
艶麗 :ふっ…笑いたくば笑え…
 <一方、(多分離れたところで)様子をうかがう主人公一向>
頑戦車:うひょひょひょひょ。アニキ、あの二人いい雰囲気でゲスね。

  (以下略)

あ、ここで「コイツわざわざこのためにセリフ調べたのか…!?」とか考えちゃいけません。(笑)
まーもう機動武者大戦オタクで良いです。
PR

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL